矯正の種類によって受診する歯科も変わります

審美的にも、健康面や機能的にも歯並びの矯正を考えている方は、意外と多いものです。

ただし通常の歯科医院で受診する虫歯や歯周病治療、歯の定期検診などと異なり、矯正治療は保険外診療となるので高額になる事が殆どです。

例外として、保険内診療になる「外科矯正」という場合もあります。
これは顎の病気などが歯並びに悪影響を与えているようなケースで、顎の骨を切るような外科的手術を伴うものです。

歯並びだけを治すのではなく、顎の病気を治す段階で歯並びを矯正することになるのです。

最初に自分の歯並びがどの矯正治療で治るか、診断してもらいます。矯正歯科の看板を掲げている個人医院でも診断はつきますが、出来る事なら歯科大のような口腔外科などがある医療機関の方がより適切かもしれません。外科矯正の場合ですと通常の治療と異なり、まず手術の前に前期治療として1年半ワイヤーで歯を動かす治療をします。

その後、2~3週間の入院を伴う顎の骨を切る手術を受けます。

顎の骨切りの手術から退院後、今度は後期治療としてまた1年半ワイヤーで歯の位置を本来の位置に移動させる治療を続けます。

約3年でほぼ歯並びは整いますが、それから更に2年間、整えた歯の位置がその場所に定着するまでマウスピースでの治療が続きます。

治療開始から2~3週間の外科的入院を含む平均で5年かかる治療となります。
そのような外科的処置を行える医療機関として、入院設備を持った口腔外科のある歯科大や同等の設備のある大学の歯科などが挙げられます。


外科手術とその前後の治療も総合的に診てもらえるのは、大きな利点になります。近くにそのような医療機関がない場合は、外科手術だけ大学病院などで行い、その他の治療は通いやすい矯正歯科で診てもらう方法もあります。治療費的には、外科的手法を使うこの場合で、総額約50万円~60万円が相場とされています。

その他の審美的理由からの矯正治療をされる場合は、その程度によって治療費は大きく異なってきますので、長期間通いやすい、認定を受けた複数の歯科医院でよく説明を受けた上で治療を始められるのが良いでしょう。

http://smany.jp/11791
http://matome.naver.jp/odai/2139710486507592201
http://matome.naver.jp/odai/2140107558432391701

こだわるならオオサカ堂関連情報を紹介しています。

渋谷のしわに関する情報に追加しています。

オオサカ堂情報選びはインターネットで行う時代です。

快適な暮らしを実現するための代官山の歯医者情報の差に驚きました。

安心をコンセプトにした産後脱毛の治療の基礎知識をご説明をしたいと思います。